ハフポ、ニュースキュレーションメディアの躍進 ~ WEBサービスの今についてあれこれ

スポンサーリンク

発信手前であれこれ考えてそして迷宮入りしまくるraf00です。そのあたり、Twitterはちょうどよいです。

さて、日頃Webサービスをあれこれ眺めていますが、この辺りでいくつかを振り返ってみたいと思います。
今回はハフポとニュースキュレーションメディアについて。

■ハフィントンポスト 日本版

ハフィントン・ポスト

1年が経過した時点で、ハフィントンポストにお詫びしなきゃなりません。
以前ハフィントンポストに関して成功しないだろうという展望を書きましたが、これはまったく外れました。
その後、ハフィントンポストは刺激的なニュースやアクセスし拡散したくなる画像の数々を配信し、着実にトラフィックを積み上げ、今では無視できないレベルのアクセスを持つネットニュースメディアに成長しています。

躍進を果たした最大の要因は徹底したSEO施策ではないかと考えられます。
ソーシャルでの共有に力が入れられていることは当初から語られていますが、1年が経過して共有する前の流入動線がきちんと整っていることに驚きます。実際時事性のあるキーワードで検索した際に、高頻度で検索結果上位に表示されるようになっており、各記事にそれなりの初期流入が発生しているであろうことがわかります。
近年リリースされている多くのWebサービスが「情報が拡散されることで大きなトラフィックを!」という狙いを持っていますが、継続的にサイトに接触させるためにはソーシャル以外の流入手段は必須です。これをきちんと整備していることで最初の流入を確保できれば各種ソーシャルへの拡散も当然多くなり、拡散先からさらなるアクセスが期待できる理想的な流れを作ることができます。

また、記事の点でも本国などのネットワークを利用した興味深い画像特集を配信したり(猫で人を集めるなんて志が低い!と言われそうですが、ロイターもCNN画像特集やってますからね)、ワールドカップ特集でもデータによる各試合の分析記事を発信し、これまでのサッカー記事とはまったく異なる視点での取り上げ方をするなど、様々な冒険が評価されています。

本国で人気である、著名人による寄稿やコメントでの議論などはそれほど活況になってはいませんが、ニュースサイトとしての土台がきちんとできつつあるため、今後さらにアクセスが増えていく中で良い方向に変わっていくのではないでしょうか。
もっとも「左よりのポジティブな言論空間」になるかどうかはわかりませんが。

というわけで、改めてハフィントンポストにお詫び申し上げます。
この1年間の動きは素晴らしいものでした。

■ニュースキュレーションメディア

バイラルメディアやキュレーションメディアなどが話題になることが多い二次メディアですが、ここではここではGunosy/SmartNews/Antennaなどのアプリネイティブニュースキュレーションメディアについて少し。

今年に入り、Gunosy、SmartNews、Antennaが一気にテレビCM戦略を採りユーザー数を急拡大させています。
ヘビーネットワーカー層の間で語られた「キュレーションメディア」だった時期からは一転、一般層の「ニュースアプリ」として浸透しつつあり、今後さらに利用されていくだろう様子が見られます。
で、以下雑感箇条書き。

・これまでニュースアプリとは少し異なる存在として語られてきたこれらのアプリですが、一般層に広がり大量の情報を提供することでYahoo!ニュースやLINEニュースなどとがっつり競合する存在になってきたように感じられます。
一方で大量の情報が提供されることで「何が旬なのか」がわかりにくくなっているのは少し面倒なところ。
NewsPicksやAntennaなどはどちらかといえば雑誌的な、じっくり見る位置づけなのでそれでも良いのですが、GunosyやSmartNewsなどはトピック・トップという玄関口タブがありながらこれらがまったく新聞の一面的な最重要情報として機能しておらず、何が旬で話題で、どの情報からチェックしていくべきなのかがわからないまま雑多に情報を押し付けられているなと感じています。
ちゃちゃっとニュースをチェックしたいユーザーからするとヤフトピのような、「とりあえず今この情報を抑えておけ!」という手軽な情報も欲しくなってきます。

・それはそうと、Gunosyの広告表示がひどいです。表示されるニュースの中に高頻度に広告が表示され、誤クリックでAppStoreが立ち上がってしまうのはまだしも、ニュース詳細を読んだ後、戻ろうとする時に差し込まれる広告が非常に面倒臭い。
またAntennaも記事広告・タイアップ広告に加えて、フィード画面で動画再生をする新広告を導入する流れになっていて、目に煩い方向に進もうとしています。
テレビCMという非常に負担の大きい集客を行っているため、広告をガシガシ入れて儲けていかなければならないわけですが、これ以上広告が増えてくると相当使いにくいものになってしまうのではないかと。あとAppStoreに直接誘導する広告は誤クリックした時に面倒くさいですな。

・NewsPicksはコメントを重視する独自路線を取っており、ネット著名人から賞賛されていますがどれだけユーザーを増やせるのか、いやさどこまでノイズになってしまうユーザーを無駄に増やさず、コメントの品質を落とさないで運営し続けられるのかが気になります。コメント量とコメントの質はトレードオフになるので、バランスが難しいですね。

いずれにせよ、現在出揃っているアプリがYahoo!ニュースやLINEニュースとどれだけ戦っていけるのか、注目したいと思います。

コメント