【読書記録】新世紀エヴァンゲリオン ピコピコ中学生伝説(1) ★★☆☆☆

新世紀エヴァンゲリオン ピコピコ中学生伝説(1)<新世紀エヴァンゲリオン ピコピコ中学生伝説> (角川コミックス・エース)

超美麗なイラストを描くけれど、漫画になるとイマイチ…?な行徒とシナリオ河田雄志のエヴァパロ漫画。
「ゲーム感覚で戦う新兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットに選ばれた少年少女が、さまざまな騒動を巻き起こす。」という、エヴァファンとレトロゲーファンを両方ゲットしちゃおうという魂胆なのかな…?と思わせて、一貫して不条理で幼稚なキャラクター陣にシンジとアスカが振り回される話。

全体的に絵は素晴らしい。素晴らしいんだけど、ゲンドウ・ミサトあたりにイラッとさせる。リツコネタはお笑いバラエティのコントのような感覚。
面白いか?面白くなくはない。面白くなくはないのだが、行徒の美麗過ぎるイラストが完全に宙に浮きっぱなし。
とりあえず「65%+65%+35%=100%!!!!」でクスリと来るならば読んでみてもいいかもしれない。

で、行徒+河田コンビがダメなのか……というのを確認するため、「ヴァン・ヘルシング」も買ってみたのであるわよ。

スポンサーリンク

フォローする