「Webライター」と「1記事500円ライター」を混ぜるな。

最近は「WEBライター話」をよく見かけるのですが、「1記事500円(以下を含む)のライター」と一般的に「ライター」として認められる作業を同一の存在として語ることに関しては強い違和感を覚えます。

これらは全く性質が異なるもので、例えるなら「役者」と「行列のサクラ」を「演じるから同じでしょ」と同じカテゴリに放り込むようなものであると認識しています。
Amebaライターなどはまだメディアの体裁をギリギリ保っていますが、500円未満の作業などはSEOの一貫として自社媒体/外部リンク媒体のテキスト量を水増しすることが目的で「人間相手に文章を見せるライティング」ですらない場合があるので。

しょーもないWEBメディアで2000円程度で煽り記事をひたすら書いている人はライターと読んでいいのか、といった線引きを厳密に考えるとややこしい話になりますが、1記事500円のライターが「一般的なライター」にまっすぐ引き上げられる可能性は絶無と言っても良いので、ライター話をする時にこの2属性を混同するのはよろしくないなぁ…と感じています。

スポンサーリンク

フォローする