12月18日 東京駅完成記念日

Tokyo_Station_original_shape

1914年(大正3年)の12月18日に東京駅が完成した。
明治29年、神戸-新橋間と日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が立案され、新線の途中に中央停車場を建設することが可決され、皇居の正面、当時はまだ何もない野原だった丸の内に「東京駅」として建設されている。

その後の関東大震災では大きな被害が出なかったが、第2次世界大戦で焼夷弾を受け大きく損傷。終戦直後から3階建てだった駅舎は2階建てに変更され、修復されている。
この修復作業は「本格的な建て直しは後に行い、とりあえず数年保てば良い」という計画であったそうだが、建築家たちや大林組の必死の努力により長年運用が可能な容姿を保った。
そして長年放置されていた立て直し計画は2000年に「創建当初の形態を復元する」形で決定し、2012年に完成している。

スポンサーリンク

フォローする