12月14日 討ち入りの日

忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻 [DVD]
忠臣蔵に関する話が出てくると年末を感じる。

赤穂浪士が吉良上野介邸に討ち入りを行った日である。赤穂市では毎年この日に赤穂義士祭、泉岳寺でも義士祭が行われる。
人形浄瑠璃や歌舞伎の演目としてはあまりにも有名で、現代でも毎年ドラマが制作される異例の作品だが、初めて舞台で取り上げられたのは赤穂事件の翌年。さらに4年後には近松門左衛門作「碁盤太平記」が上演されるなど、事件発生から早々に舞台の世界では鉄板になっている。
事件から約50年後に集大成として『仮名手本忠臣蔵』が制作されており、これが現代までつながる忠臣蔵の基本となる。

スポンサーリンク

フォローする