12月7日 ラグビー国際試合記念日

加工_早慶戦①

1950年の今日、参議院の予算委員会の中で池田勇人蔵相が後世まで残る「貧乏人は麦を食え」という問題発言をしている。

さて、12月7日はラグビー国際試合記念日。
1901年の12月7日に慶應のラグビーチームが横浜で外国人チームと試合をし、日本のラグビー史上初の国際試合であったことに由来した記念日である。なお、この試合は5対35で敗北している。
以来ラグビーは日本の大学スポーツとしては非常に人気の高いものの一つであるが、2015年はワールドカップにおいて日本代表チームが大活躍、久々にラグビーに注目が集まった1年だった。

スポンサーリンク

フォローする