イオン「旧作映画見放題」と名画座

スポンサーリンク

イオン 古い映画を全国の映画館で見放題に NHKニュース

各地の名画座が相次いで閉館している中、イオンがモール内に持っている映画館で旧作映画の上映を開始するそうです。
多くの名画座が入場料1000円ほどを取っているのですが、イオンの旧作映画サービスは1ヶ月1200円、年間9800円で見放題という破格で提供されるのだとか。これは良いサービスですね。
イオンとしてはイオンモールの最深部にある映画館に足繁く通わせて、イオンモール内でついでの消費──特に飲食、また日用の買い物や他サービスの利用──につなげたいという意図があるのでしょう。映画を観るために2時間座っていれば飲み物は買うしお腹がすいてフードコートに向かってしまいがちでもあるので、映画鑑賞をタダみたいな値段に設定しても十分にプラスが見込める、しかも旧作映画なのでそんなに爆発的にヒットもしない…というところでかなり堅実な取り組みであるように感じられます。

いやしかし、面白い事を考え付いたものです。続き物の映画が公開されるならその前作を上映できるし、世間のニュースにあわせた作品を上映するも良し、宮崎駿祭と称して全国イオンでバルスの嵐を巻き起こしてもいい。個人的にはタイタニックやらパシフィックリムやらといった、「もう一度観たいんだけど、家の32インチテレビで見るには退屈だからできればスクリーンで見たい」タイプの大型作品のリバイバルをしてくれるとすごく嬉しい。そうした面白い取り組みに月1200円で参加できる、というのは実に良い話です。

映画そのもので稼がなくて良いイオンならではの取り組みと言えますが、こういう話が出てくると、名画座ってのは本当にダメな子だったなぁ…と感じられます。
専門学校時代に東京の名画座に通っていた事がありましたが、2~3本立ての上映形式(場合によっては5本一挙上映)で入場1000円なので、元取ってやろうと全部観ると6時間オーバーとかなり重たく、世間の話題や時間から完全に切り離された昭和な作品チョイスばかり。無限に時間のある専門学校時代ならともかく、社会人になるとなかなか足が向く存在じゃありません。
超レトロで超適当な仕事をするまったり空間としての価値は未だ高いとは思いますが、どう考えたって将来も継続できるビジネスではないですよね。
一方で最新映画は入場料1800円と高額で、こっちはこっちで通うと結構お札が飛んでしまう。最新も旧作もふんぞり返った仕事をしていて、その間は存在しない。そんな感じで、映画館での映画鑑賞を趣味として楽しむのは微妙なハードルがありました。

イオンの今回の取り組みはその間を突く、これまでにはあまりなかった存在になってくるので楽しみにしたいですね。やっぱりなんだかんだと映画館で観る映画は楽しいものですし、暇つぶしとしては極上ですし。

スポンサーリンク

フォローする