激辛グルメ祭りでバンコク地獄を見てきた。

スポンサーリンク

新宿で激辛ばかりを集めた野外グルメイベントが行われていると聞いて、行ってきたのですよ。グルメイベントで、そして激辛ですよ?これは行かないわけにはいかんでしょう。
激辛グルメといえば、毒飲料と並んで 魅惑の「心に秘めた童貞マインドを昂ぶらせる」オモシロテーマ。これは行かないわけにはいかんでしょう。

というわけで、最終日の9月1日に行ってきたわけです。新宿歌舞伎町は大久保公園に。
残暑厳しい…というか復活した酷暑の中を。地獄を見に。

で、辿り着いてみたもののびっくり。超混んでいやがる。人気店に至っては会場外まで届きそうな行列。この行列をですよ、炎天下の中じっと並んで、ようやく買えるのが地獄の激辛グルメだってんだから、もうやりきれない。気分はジェットコースターの行列。並ぶも地獄、ついても地獄。しかしとにかく俺は腹が減っているんだ。

■1:京華楼の麻婆豆腐

麻婆豆腐といえばおもいきり山椒が効いて、ビリビリ刺激が来る激辛が旨いでしょう。激辛麻婆豆腐といえば横浜中華街の景徳鎮なんかも好きだけど、京華楼の麻婆豆腐もなかなかに攻撃的。

辛い、美味い。美味い!かなりがっつり辛いんだけど、それに負けないくらいの旨み。これは美味しい。

■2:ソウルフード・バンコクの冷やしトムヤムクンラーメン

すでにたくさん挙げられていた激辛グルメ祭りのレポートの中でも辛くて美味いと評判で、食べてみたかった冷やしトムヤムクンラーメン。トムヤムクンといえば酸っぱくて美味しい、というイメージですよね。というわけで一番の行列の中を並んで食べてみたのです。

……殺す気かこれは。

口に入れた瞬間はそれほどでもない。酸味があるのかなーと感じる。でも飲み下すとレッツファイア。食道から胃にかけて攻撃的な刺激が襲う。辛い、というか痛い。2口3口とすすめるごとにとにかく痛い。激辛カレーなんかでよくある「後味がかーっと熱くなる」ものとは違う、「刺すような痛み」。スープも激辛。具として入ったプリプリのシーフードとプチトマトが妙に甘い。が、スープを飲めばそんなことは一切忘れる激辛。これはあれですよ、知らない人に「美味しいんだよこれ、一番辛いのを頼むのがこの店の通!」って薦めて食べさせたら絶縁されるレベル。

しかし一緒に頼んだローストチキンが大変に救いになったのでなんとか次に行きましょう。

■3:韓国料理 幸永の激辛冷麺

激辛冷麺と激辛ホルモン焼き。普通に飯食いに行って、普通に頼んだら「うわっ!これ辛いね!ヒー辛い!」とか言ってたんでしょう、多分。

しかし先のトムヤムクンラーメンで完全にやられきった舌では「肉は甘い。韓国冷麺はあれだね、清涼飲料水感覚でごくごく飲めるね」としか感じません。ガッツが足りないぞ韓国!

■4:カレー専門店エチオピアの70倍チキンカレー

本日のトドメ。エチオピアといえば70倍。MAXに辛いんだけど、他店よりも旨みが残る70倍。なぜか行くたびにネタで頼んじゃう70倍。普段なら試練のひととき70倍。

しかし今回は失敗でした。トムヤムクンラーメンがとにかく強すぎた。トムヤムクンラーメンがあまりにパワフルすぎてあんまり辛さ感じない。グッと来る辛さはあるけれど、その程度。

また今度改めて行こう…今回は軽いノルマとしてこなさせてもらおう…。

という感じで、冷やしトムヤムクンラーメンにケチョンケチョンにやられてきました。あぁ…そういえばソウルフードバンコクって激辛チャレンジメニュー「ゲーンルアン」出す本気の店だったっけ……「辛くて美味しい!」っていうレベルではない殺る気のあるお店だったっけ…。

それにしても、2013年の夏の数少ない思い出がこれかと。

スポンサーリンク

フォローする