至高のとんかつ、豚組食堂が旨すぎて。

スポンサーリンク

首都圏のソーシャルヘビーユーザーであれば一度は訪れなければならない店…というものがいくつかあります。
リナカフェややきとん、ベルク……なぜかみんなが「なう」したりするのでつられて行ってしまい、つられて通ってしまうお店たち。そして近年ソーシャルで活躍する人たちの新たなお気に入りの場所として挙げることができる「豚組」。

この豚組が、乃木坂の豚しゃぶ「豚組 しゃぶ庵」、西麻布の「豚組(とんかつ)」に続き、六本木に「豚組食堂」というとんかつ屋さんを出したということで行ってきたのですよ。

っていうか、数週間前に行ってきたのですが、がっつり空腹でうっかり写真も撮らずにがっついてしまったので(あとテーブル席で話しながらだったのであまり店の様子を確認できなかったので)、改めて行ってきたのであります。

さてこの「豚組食堂」は、「日常のご馳走を究極まで進化させたプレミアムなとんかつを追求する西麻布豚組で培ったノウハウを元に、今一度とんかつの原点回帰を計った、改めての日常のご馳走としてのとんかつ」を提供するという狙いがあるそうです。
西麻布では最低ランクで1500円、基本的には2300円以上のブランド豚を楽しむお店でしたが、豚組食堂では1000円で豚組のとんかつを楽しめるとのこと。1.5倍の厚さで1380円、2倍の超厚切りで1750円と、本気でリーズナブル。これはもうね、2倍いかなきゃと思うわけですよ。今回は2倍いっちゃうわけですよ。

もうね、美味いわけ。そもそもこんな分厚さのとんかつを食べる機会なんて他にないんだけど、肉汁凄いわ、程良い噛みごたえが嬉しいわ、衣もしっかりしていてキャベツとご飯が進むったらもう!先に食べたときは1.5倍をいただいたのですが、2倍超厚切りはより「プレミアム豚ではない豚の旨さ」が感じられて良いわけです。

最近は結構こだわりのとんかつ屋も増えてきて、カウンターに「こだわってるから塩で食え」と書かれているお店も多いですけどね、なんだかんだとやっぱりソースがうめぇんだよソースが……ってことになりがちです。しかし豚組食堂のとんかつは「豚の旨さがすごいので、ちょっと塩を振る程度が一番美味いわ」と感じられる。これは本当に凄い。

あとこれはレセプションに参加された方たちがさんざん書いていることなので改めてあれこれ言うこっちゃないですけどね、豚組食堂のオープンキッチン、これはとても良いものです。目の前で揚げてくれる、ってのもいいんですけどね、グッと来るのは目の前で揚げたてのカツをザクザクと切ってくれるその音。超厚切りにすると揚げ時間が長く15分くらいかかってしまうのですが、その間に揚がったカツがザクザクザクザクと切られる音を聞きながら待つというのは天国のような拷問ですよ。この音を聞くために一人で来店してカウンターで待ってほしい。より多くこの音を聞くために超厚切りで15分待ってほしい。1時間の昼休みのうち15分をヨダレを垂らしながら待つことに使ってほしい。

こうして「ぶたぐみしょくどうのおもいで」を書いている間、思い出されるのは超厚切りの味よりも、職人がとんかつを切り分けるその音。
六本木に立ち寄る機会があるたびにあの音は聞きに行きたいなと思うわけです。

スポンサーリンク

フォローする