ブログやってない?ならtumblrでミニブログ始めればいいじゃない!

スポンサーリンク

更新ペースが遅くて日々焦ってるraf00です。こんにちは。
全然ブログを更新しないくせに、tumblrでブログを立ち上げちゃいましたよ。怒られること必至ですよ。

が、tumblrを使ったミニブログを活用していくのはこのソーシャル全盛の中ではずいぶん気軽でいいんじゃないかな、ということで今回これをおすすめしてみたいと思います。

■ブログ機能として案外優れている

さて、今更tumblrの基本的な情報を説明する……というのはアレなので割愛しますが、ブログサービスとして意外と十分な機能が備わっています。

・ユーザー作成テンプレートを使ってブログの見た目を好みにカスタマイズできる
・テンプレートにadsenseやAmazonアソシエイトリンク他の広告が貼れるので広告展開が可能
・analyticsを入れられるので解析もできる
・zenbackを入れればtumblrだけでなくソーシャルに記事の拡散が狙える
・独自ドメインを設定できる

などなど、一通りブログとして望むニーズは満たせるでしょう。
検索機能が弱い、ダッシュボードで見られたらそれで終わるじゃん…などのデメリットはもちろんありますし、アンコントローラブルなtumblrの特性ははっきりと影響するのですが、このあたりのデメリットに関しては後述しますが、「ま、手軽にpostできるんだから細かいこと考えんでええやん、むしろそういうこと気になるなら最初からwordpressでブログしているべきだし、そんな細かいこと考えてっからいつまでもブログ始められないんちゃうん?」と思うので(思った後で自分の胸が痛くて死にそうなので)、次にいきましょう、次に。

■tumblrならではのブログメリット

とはいえ、それらの機能があった程度では「別にブログ始めればいいじゃん」という話で終わるわけです。
しかし実際にtumblrブログを立ててみて、なかなか面白いなと感じたところがあります。
それはTwitterで1tweetする感覚でポコポコ気軽に書けること。

というのもね、以前kanoseさんに「三連続でtweetするくらいならブログに書けばいい」と諭されたり、カイ士伝のカイさんも「短文でも良いからとにかく数を打とう」と言われているのですが。
やっぱり「ブログ」ってなると肩に力が入っちゃうんですよ。どうしても。
過去のブロガーたちが意識の高い宣言をしていたりしたというのもありますがなんだか「ブログ」ってのには重みがある。ブログの場合、なんだかいろいろなことを考えてしまって、なかなか腰が重くなる。
そうして更新が滞ればなんとなくプレッシャーが増してさらに書きにくくなる。
生活のリズムとして組み込まれていかないとなかなかブログって重いものです。

ですが、tumblrなら 画像なりリンクなり引用した文章なり動画なりをメインにちょちょいとコメントを追加する感覚で気軽にポストしちゃえばいいので、すごく気楽です。
TwitterやFacebookとの連動機能もあるので、140文字を超えたツイートという感覚で使えますし、3連続tweetをきっちり一つの文章として見せられ、自分のエントリとして残せるのがとても良いですね。

また、ただのリブログもエントリ形式で連なっていくので、ブログ特有の「動きがまったく止まってしまう」時のプレッシャーを感じなくて済むのがなによりありがたいことです。

■これからはブログ、だからその前にまずミニブログ始めてほしい

今年、年初のブログ論に始まり、池田紀之さん徳力さんの「今こそブログ」論があったように、改めてオウンドメディアの必要性が感じられています。
これはraf00も大いに同感で、ネットで声を上げたい人ならば今一度ブログを持つべきだと感じています。このあたり結構込み入った話になるので日を改めたいと思いますが、ネットで積極的に活動している人ほどこれは痛感することでありましょう。

とはいえ、先ほど語ったように今この段階でブログを始める、というのはなかなか大きなプレッシャーのかかることだと思います。しかしソーシャルメディアの中でだけ声を出していてもなかなか埒が明かない。

そこでtumblrでミニブログを始めることは、ソーシャルから自分メディアに(いや、tumblrだってソーシャルなんですけどね。それはわかった上で)コンテンツを移していく上で、とても気軽に始められ、続けられる良い練習になると思います。ぜひ多くの人にトライしてほしいなと思います。

そして、tumblrでの情報発信に満足できなくなったとき、改めてブログにチャレンジしてほしいなと、そんなことを思うのであります。

スポンサーリンク

フォローする