Windowsタブレットを購入するも、ブログネタになりづらいと痛感す。

スポンサーリンク

なんだかんだとガジェットに手を出したがるraf00です。
実は6月にLenovoのMiix 2 8を購入しましてな。

このブログを以前から読まれている方なら、かつてraf00がnexus7を購入し、感動してあれこれ書いていたことを覚えておられる方もいるかもしれません。
あれから2年が経ちますが、相変わらず愛用していて、自炊した電子書籍やhulu、ビデオの閲覧など、非常に頻度高く活用しています。

しかし、2年ほど使っているとさすがにいろいろと要望も出てきます。

・androidタブレットであるものの、ゲームや交通情報などはほとんどスマホで使っていて、基本はリーダーになっている
・自炊ファイルをより多く持ち歩くためにmicroSDカードスロットが欲しい
・持っている動画ファイルなどをいちいちモバイル用に変換しているのが面倒になってきた
・iOS、Androidアプリは工夫されていてもやはり機能面で妥協されたもの。不満足なところは多い
・自宅ではNASを使っているけど、さらに活用していきたい

などなど。で、それならいっそwindowsタブレットを購入してしまった方が早いのではないか…?というわけで、6月にlenovoのタブレットを購入したのですよ。
SerfacePro3が発売されてWindowsタブレットが盛り上がるだろう…そしたらブログのネタとしても良いんじゃない?といった気持ちもそこそこありつつ。

が。

Windowsタブレット、すげー便利なのですが、ブログネタとしてはそんなに向いてませんでした。

いやね、良いモノですよ?先ほどの要望をすべて叶えてくれるし、思いの外タブレットとしての操作に苦労することもない。設定はあくまでWindowsなので手慣れたもの。アプリの数はかなり少ないですが、なぁに今までのソフトがそのまま使えるし、妥協する必要がありません。Bluetoothでマウスとキーボード接続すればネットブック以上に実用的なモバイルノートとして使えます。WindowsをメインPCにしていてタブレットを検討しているならはずさないチョイスと言えますし、ビジネスユースであればiOSやAndroidをわざわざ選ばなくてもよいでしょう。
当初予想していたとおりの使い勝手が実現できています。

が。

やっぱりブログネタとしてはなにかが弱い。

なんと言いますか、感動が少ないんです。慣れ親しんだWindowsそのものだから。
新しいiPhoneが出たりすると興奮するじゃないですか。これができるようになった、これが素晴らしい、この機能は未来を変えるかもしれない。などなどなど。その感動がないわけです。

実際使ってみて、なぜガジェットブログがいつまでもWindowsタブレットを「艦これができる!」としか表現しないのかがよくわかります。デスクトップPCやノートPCを買い替えてもわざわざ報告しないようなものですね。
そして、改めてAndroidなどを差し置いて圧倒的にiPhoneが語られるかもよくわかります。不便さを前提にして使いこなす楽しみがあるからだと。
またすでに十分に便利になっていますが、今後はiPhoneも「空気のように便利」な存在になっていき、語られなくなっていくんだろうなとも。

そんなわけで、「これからはWindowsタブレットだぜ!」となかなかテンションが上げられないのですが、地道に良いものなので応援していきたいと思っています。

スポンサーリンク

フォローする